hamashima_slide_family02_edited.jpg

令和4年4月から

不妊治療が保険適用されます。

2022年4月から中央社会保険医療協議会において、人工授精等の「一般不妊治療」、体外受精・顕微授精等の「生殖補助医療」が新たに保険適用されることになりました。「生殖補助医療」については、採卵から胚移植に至るまでの一連の基本的な診療は全て保険適用され、患者さんの状態等に応じ追加される可能性のある治療のうち、先進医療に位置付けられたものについては、保険診療と併用可能となります。

ここ数年は「不妊の半分は男性にも原因がある」といわれてきており、産婦人科等からの紹介で来院されるの患者さんが増えています。当クリニックも一組でも多く赤ちゃんを望むご夫婦のお手伝いができればと必要な検査をしっかり行い、内服・注射・手術等の様々な治療をご提案し、一人ひとりにあわせた対応を行います。また、最近は男性でもブライダルチェックで子どもを作る能力があるか調べてから結婚したいという方もおられるので、そういったご相談にも対応できるようにしています。

​●体外受精などの基本治療は全て保険適用されます。
●年齢・回数の要件(体外受精)は助成金と同じです。
●窓口での負担額が保険診療の治療費の3割となります。

詳しくはこちらのサイトへアクセスしてください。

hamashima_illust_baby.png

厚生労働省の不妊治療に
関する取組

厚生労働省の不妊治療に関するPDF

korosyo_logo.jpg
PDF_icon.png
Copyright  Hamashima Urology Clinic.  All Rights Reserved. このサイトの著作権は 濱島泌尿器科クリニック に帰属します。